This is a pre-production deployment of Warehouse, however changes made here WILL affect the production instance of PyPI.
Latest Version Dependencies status unknown Test status unknown Test coverage unknown
Project Description

Yet Another Niconico-douga Command-line Interface

Description

yanicoApache 2.0 ライセンスで公開されている ニコニコ動画 にアクセスするためのCUIコマンドです。 メインコマンド yan (yanico の先頭3文字)に続けて サブコマンドを指定することで機能を実行します。 機能を集めることができる CUIコマンドを目標にゆっくり開発していきます。 パッケージに含むREADME等のドキュメントは日本語で先に書いていきます。

Feature

  • yan コマンドの体系は git や mercurial のようなサブコマンドの集合です。
  • ログインのセッション情報などはブラウザから取得します。(最初はFirefoxを予定)
    • コマンドからログインする機能は今のところ未定です。
  • Python と setuptools の知識が必要ですが、 ユーザーが 独自にコマンドを追加 することができます。

Requirement

  • Python (バージョン3以降)
  • pip
  • setuptools
  • サードパーティ製のHTTPライブラリ(予定)

Install

現在は準備中でまだインストールできません。

PYPI のリリース版をインストールする:

$ pip install yanico

リポジトリの最新版をインストールする:

$ pip install git+https://github.com/ma8ma/yanico

Usage

入力例:

$ yan subcommand arg1 arg2

Changes

v0.1.0a1 (unreleased)

  • コマンド yan を追加した

以前のバージョンでの変更は CHANGES.ja.md を見てください。

TODO

  • PYPI に登録して公開する (v0.1.0a1)
  • 利用するブラウザを紐付けする attach コマンドを追加 (v0.1.0a2)
  • ブラウザの紐付けを解除する detach コマンドを追加 (v0.1.0a3)
  • Firefoxからセッション情報を取り出す機能を実装 (v0.1.0a4)
  • 動画の情報を表示する getflv コマンドを追加 (v0.1.0)
  • コマンドを追加する方法のドキュメントを書く (v1.0.0までには書く)

Copyright 2015 Masayuki Yamamoto

Release History

Release History

0.1.0a3

History Node

TODO: Figure out how to actually get changelog content.

Changelog content for this version goes here.

Donec et mollis dolor. Praesent et diam eget libero egestas mattis sit amet vitae augue. Nam tincidunt congue enim, ut porta lorem lacinia consectetur. Donec ut libero sed arcu vehicula ultricies a non tortor. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Show More

0.1.0a2

History Node

TODO: Figure out how to actually get changelog content.

Changelog content for this version goes here.

Donec et mollis dolor. Praesent et diam eget libero egestas mattis sit amet vitae augue. Nam tincidunt congue enim, ut porta lorem lacinia consectetur. Donec ut libero sed arcu vehicula ultricies a non tortor. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Show More

0.1.0a1

History Node

TODO: Figure out how to actually get changelog content.

Changelog content for this version goes here.

Donec et mollis dolor. Praesent et diam eget libero egestas mattis sit amet vitae augue. Nam tincidunt congue enim, ut porta lorem lacinia consectetur. Donec ut libero sed arcu vehicula ultricies a non tortor. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Show More

v0.0.0

This version

History Node

TODO: Figure out how to actually get changelog content.

Changelog content for this version goes here.

Donec et mollis dolor. Praesent et diam eget libero egestas mattis sit amet vitae augue. Nam tincidunt congue enim, ut porta lorem lacinia consectetur. Donec ut libero sed arcu vehicula ultricies a non tortor. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Show More

Supported By

WebFaction WebFaction Technical Writing Elastic Elastic Search Pingdom Pingdom Monitoring Dyn Dyn DNS HPE HPE Development Sentry Sentry Error Logging CloudAMQP CloudAMQP RabbitMQ Heroku Heroku PaaS Kabu Creative Kabu Creative UX & Design Fastly Fastly CDN DigiCert DigiCert EV Certificate Rackspace Rackspace Cloud Servers DreamHost DreamHost Log Hosting