Skip to main content
Join the official 2020 Python Developers SurveyStart the survey!

Utilities for the Japanese regional grid system defined in Japanese Industrial Standards (JIS X 0410 地域メッシュ).

Project description

jismesh

地域メッシュコードに関するユーティリティです。

対応地域メッシュコード

  • 1次(標準地域メッシュ 80km四方): 1
  • 40倍(拡張統合地域メッシュ 40km四方): 40000
  • 20倍(拡張統合地域メッシュ 20km四方): 20000
  • 16倍(拡張統合地域メッシュ 16km四方): 16000
  • 2次(標準地域メッシュ 10km四方): 2
  • 8倍(拡張統合地域メッシュ 8km四方): 8000
  • 5倍(統合地域メッシュ 5km四方): 5000
  • 4倍(拡張統合地域メッシュ 4km四方): 4000
  • 2.5倍(拡張統合地域メッシュ 2.5km四方): 2500
  • 2倍(統合地域メッシュ 2km四方): 2000
  • 3次(標準地域メッシュ 1km四方): 3
  • 4次(分割地域メッシュ 500m四方): 4
  • 5次(分割地域メッシュ 250m四方): 5
  • 6次(分割地域メッシュ 125m四方): 6

インストール

pip install jismesh

緯度経度から地域メッシュコードを求める

メッシュコードに変換する世界測地系緯度経度と変換するメッシュコードの次数を指定します。

使用例

import jismesh.utils as ju

# 緯度経度からメッシュコードを求める。
meshcode = ju.to_meshcode(35.658581, 139.745433, 3)
print(meshcode)
53393599

# pandas DataFrame中の緯度経度をメッシュコードに変換する。
import pandas as pd
df = pd.DataFrame({'lat': [35.658581, 34.987574], 'lon':[139.745433, 135.759363]})
print(df)
         lat         lon
0  35.658581  139.745433
1  34.987574  135.759363

df['meshcode'] = ju.to_meshcode(df.lat, df.lon, 3)
print(df)
         lat         lon  meshcode
0  35.658581  139.745433  53393599
1  34.987574  135.759363  52353680

地域メッシュコードから次数を求める

メッシュコードからそのメッシュコードの次数を判定します。

使用例

import jismesh.utils as ju

# メッシュコードの次数を求める。
meshlevel = ju.to_meshlevel(53393599)
print(meshlevel)
3

# pandas DataFrame中のメッシュコードを次数に変換する。
import pandas as pd
df = pd.DataFrame({'meshcode': [53393599, 52353680]})
print(df)
   meshcode
0  53393599
1  52353680

df['level'] = ju.to_meshlevel(df.meshcode)
print(df)
   meshcode  level
0  53393599      3
1  52353680      3

地域メッシュコードから緯度経度を求める

求める緯度経度で表される点は、当該メッシュの基準点(南西端)から、 緯度座標上の点の位置(当該メッシュの単位経度の倍数)、経度座標上の点の位置(当該メッシュの単位緯度の倍数) を指定します。

使用例

import jismesh.utils as ju

# 南西端の緯度経度を求める。
lat_sw, lon_sw = ju.to_meshpoint(53393599, 0, 0)
print(lat_sw, lon_sw)
35.6583333333 139.7375

# 北東端の緯度経度を求める。
lat_ne, lon_ne = ju.to_meshpoint(53393599, 1, 1)
print(lat_ne, lon_ne)
35.6666666667 139.75

# 中心点の緯度経度を求める。
lat_c, lon_c = ju.to_meshpoint(53393599, 0.5, 0.5)
print(lat_c, lon_c)
35.6625 139.74375

# 東隣接メッシュの中心点の緯度経度を求める。
lat_east_neighbor_c, lon_east_neighbor_c = ju.to_meshpoint(53393599, 0.5, 1.5)
print(lat_east_neighbor_c, lon_east_neighbor_c)
35.6625 139.75625

# pandas DataFrame中のメッシュコードを中心点緯度経度に変換する。
import pandas as pd
df = pd.DataFrame({'meshcode': [53393599, 52353680]})
print(df)
   meshcode
0  53393599
1  52353680

df['lat'], df['lon'] = ju.to_meshpoint(df.meshcode, lat_multiplier=0.5, lon_multiplier=0.5) 
print(df)
   meshcode      lat        lon
0  53393599  35.6625  139.74375
1  52353680  34.9875  135.75625

交差する地域メッシュコードを求める

使用例

import jismesh.utils as ju

# 交差するメッシュコードを求める。
generator_intersects = ju.to_intersects(53394611, 4)

for meshcode in generator_intersects:
	print(meshcode)

533946111
533946112
533946113
533946114

TIPS

lruキャッシュによる高速化

import jismesh.utils as ju
from functools import lru_cache

# lruキャッシュ無効な関数の実行速度
timeit ju.to_meshcode(35.6625, 139.75625, 3)
12.6 µs ± 908 ns per loop (mean ± std. dev. of 7 runs, 100000 loops each)

# lruキャッシュ有効な関数の実行速度
cached_to_meshcode = lru_cache(10)(ju.to_meshcode)

timeit cached_to_meshcode(35.6625, 139.75625, 3)

192 ns ± 3.5 ns per loop (mean ± std. dev. of 7 runs, 10000000 loops each)

Project details


Download files

Download the file for your platform. If you're not sure which to choose, learn more about installing packages.

Files for jismesh, version 2.1.0
Filename, size File type Python version Upload date Hashes
Filename, size jismesh-2.1.0-py2.py3-none-any.whl (11.8 kB) File type Wheel Python version py2.py3 Upload date Hashes View
Filename, size jismesh-2.1.0.tar.gz (17.8 kB) File type Source Python version None Upload date Hashes View

Supported by

Pingdom Pingdom Monitoring Google Google Object Storage and Download Analytics Sentry Sentry Error logging AWS AWS Cloud computing DataDog DataDog Monitoring Fastly Fastly CDN DigiCert DigiCert EV certificate StatusPage StatusPage Status page